マッチングアプリ 看護師子 part.1 ~例に漏れない話~

 

うぅ。。。

わすれたころに

きじ投稿になりますww

 

 

入庁する前3月末に、引継ぎを受けるために職場に行った日のことである。

これから来る輝かしい公務員キャリアに胸を躍らせながら、職場に向かった。

仕事内容は1ミリも頭に残らなかった。

 

 

しかし、一つだけ覚えている言葉がある。

 

 

 

 

 

 

上司「ようこそブラックへ」

f:id:yametaiii:20200127193802p:plain

 

 

 

 

私は無類のポジティブなので、なんとかやり過ごせる自信しかありませんでした。

残業&残業とか、友達と夜ご飯食ってまた頑張ろうとか、そのレベルの妄想をしてました。

 

 

 

 

最近、がっつり胃潰瘍になってました(^_-)-☆

1週間入院して、自宅療養も1週間(^_-)-☆

f:id:yametaiii:20200127194107p:plain

 

 

まじ公務員ブラックです(^_-)-☆

僕も例に漏れず、しっかりと洗礼を受ける形になりましたww

 

 

プチハプニングを挟んで、再び婚活再開!

久しぶりに自分のブログを見ると恥ずかしくて鳥肌もんですねw

 

 

 

~今回の本題~

 

マッチングアプリで知り合った看護師(りなこ)さん(20代前半)

 

 

 

マッチングアプリの写真ではすごい童顔で可愛らしかったので、ワクワクが止まりませんw

いざ、待ち合わせ場所で対面したところ、やはり童顔ロリキュート( *´艸`)

ワクワクが止まりません( *´艸`)

 

 

 

今回は鉄板焼きディナーに行きました。

 

 

初めて会う人と、会話をするときに違和感を覚える人っていると思います。

この人とは合うな、この人とは合わないなって。

僕の場合は、建前で褒めてくる人とは絶対に合わないので、まず、その関門を責めました。

 

 

 

ジロウ「初めまして。アイコン通り可愛くてドキドキしてます~乾杯(^^♪)

 

りなこ「初めまして。ジロウさんはアイコンと全然違いますね!アイコンはイケメンですね!」満面の笑み(゚∀゚)

 

生意気~~( *´艸`)

 

なんて自分の意見を素直に言えるいい子なんでしょう。(私はブスです(^^)

このりなこさんは、ひどいことを言いつつも、しっかり相手を傷つけないようにフォローもしてくれます。

 

 

これは、待ちに待った私のお嫁さんです。

婚姻で結納で結婚式なのです。ありがとうございます。

 

 

そんなこんなで楽しいデートをして終えることができました。

 

(続く)

 

 

最近、不倫の話題が多いですよね。私は絶対したくないので、

そのためにも素敵な出会いを今年こそしたいです。

匂わせなんて、アホちゃうかと思います。

私だって、この記事の最初に匂わせなんてしてませんからねwwww

 

 

 

 

 

生活習慣病?「連絡先交換後アパシー症候群」

お題「これって私だけ?」

 

 

かの有名なアリストテレスはこう言った。

”人は物事を繰り返す存在である。従って、優秀さとは行動によって得られる物ではない。習慣になっていなければならないのだ。”

これは、アリストテレスが人生の指針を示したありがたいお言葉である。

 

これは恋愛にも言えることではないかと、私は思う。 

良い恋愛をするには、良い習慣を身に着けることである。

では、恋愛においていい習慣とは何なのか。

最期に答えが書いてあります。

 

 

~今回の本題~

 

はてなブログには色々な機能があるみたいで、堪能しようと思います。

 

ということで、お題スロットです。

 

お題は「これって私だけ?」

 

婚活ブログをやっているので、恋愛系で1つ書こうと思います。

 

 

 

「連絡先交換後アパシー症候群」です。

 

だいたい想像できると思いますが説明をば。

 

私は婚活手段として、マッチングアプリを使用しているのですが、

アプリでやり取りした後にLINEをゲットしても

LINEでやり取りするのが億劫になるのです。

 

アプリでやり取りしてる時は即レスなのに、LINEだと亀レスです。

 

 

ではこの「連絡先交換後アパシー症候群」をアパシーの側面から紐解いていきます。(無意味極まりないw)

 

 

アパシーアパシーシンドローム無気力症候群)とは

あらゆることや、ある限定なことに関して無気力・無関心・無感動になることである。

lifestyle-next.com

 

その原因として

・主体性が乏しいことがあげられる。
自分主体で決めてきた経験が著しく少ない人は、学校などで勉学に励み、それが評価される場面では良い結果に繋がりますが、いざ社会に出て自分で決めて行動をする段階になると、自分のやりたいことが分からずに無気力になります。

 

 

そうです。何をしたいか分からないけどLINEを交換していたのです。

 

 

しかし、原因はたった今判明しました。(スロットありがとう!!!( *´艸`))

後は原因を解決するだけです。

 

連絡先交換後といえば、ご飯に行く!!

こんな当たり前のことが出来ないなんて、女性に大変失礼でありませんか。

 

 

連絡先を交換したからにはご飯に行く。

ただ、これが難しいことで、

例えば全然ノリが合わないとか、見た目がタイプじゃないとか、(外出るの面倒)そういった条件に照らして判断する。

その作業を繰り返すうちに、私はアパシーになっていたのです。

 

アパシー生活習慣病でした。

 

 

生活習慣病を治すには、一度生活習慣を改める必要があるのです。

 

 

リハビリのために、次回から3人LINE交換した人とご飯に行く縛りを自分に課したいと思います。

写真詐欺に遭いませんように( *´艸`)

 

 

これが冒頭の良い恋愛をするための良い習慣である。

(絶対違いますwwww)

 

おわり

 

街コン③〜建前作戦〜

〜前回までの物語〜

 

お腹がスッキリしたジロウはフリータイムに1人の女性と会話をする。

 

そこで

大人の女性が仕掛ける年齢地雷を踏んでしまい、洗礼を受けるのジロウ。

 

なんとしても女性と連絡先を交換したいジロウは次なる作戦に打って出る。

 

 

 

〜今回の物語〜

 

ここの戦場(ただの街コン)は危険が多すぎる。

 

30代の女性がメインの戦場で

需要があるのは、30代の男性なのだ。

 

20代のジロウが冷やかしと思われても仕方がない。

迂闊に会話しては希望がなくなる。

 

 

作戦変更!!(゚∀゚)

 

 

実はこの街コン、カップルになったら映画のペアチケットがもらえるシステム。

(どこの街コンも同じなのかな?)

 

この映画ペアチケットをエサにカップルになりませんか?作戦に変更する。

 

一緒にきた友達と声をかける。

 

ターゲットはフリータイムで、男性と会話していない女子ペア。

残り時間はあと5分。

 

あのペアだ!!!(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

 

20代後半女子ペア 栄養士女🍅 トール女

 

友「あの、今日いい人見つけましたか?

もし、いなかったら、紙に僕達の名前書いてくれませんか?」

 

ジロウ「カップル成立景品の映画チケットもらうために書いてくれないでしょうか」

 

栄養士女「私たち会社の付き合いで来たんです。いい人探しすらしてませんでした」

 

トール女「映画券欲しいしいいですよ!」

 

 

 

街コン簡単〜〜(*´艸`*)

 

 

こうして、無事ジロウたちは映画チケットを手にしたのだった(*´艸`*)

 

 

最低限の収穫があって、街コンも悪くないやと思いました。

 

 

街コンを後にしようとしたその時

 

栄養士女🍅

「あの、せっかくなんで、連絡先交換しませんか?」

 

 

街コン最高〜〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))

 

街コン②〜門の攻防を制した後に〜

 

〜前回までの物語〜

 

気合い十分で挑んだ街コン。

大人の落ち着いた女性陣50名が、会場で私のために集まっている。

 

そんな中、1人のブスが落ち着かない様子でお腹を抑えたいた。

 

 

 

〜以下、今回の物語〜

 

主催者「では、街コンを開始します。

               男性は1卓目で会話を開始してください。」

 

 

私「もう、、、ダメだ、、、、」

 

 

私は、1卓目すら行けずにトイレに駆け込みました。

 

こういう日に限って、中々出きらない。

街コンの戦いを前に、自分の腸との戦いに苦戦を強いられるとは。。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 

結局最初の1時間は、自分の関ヶ原の戦いに費やしました(゚∀゚)

 

 

勝負は残り30分のフリータイム

絶対素敵なレディを見つけるぞぉぉぉ!!

 

 

という事でお一人目

 

33歳事務員女性🧕 

 

私「お話いいでしょうか?」

 

事務女「いいですよ。さっき周ってた時いました?」

 

私「ちょうどお手洗いのタイミングで、、お会いしてないかもです( ゚д゚)」

 

事務女「そうなんですね〜私さんおいくつですか?」

 

私「26です。事務女さんは?」

 

事務女「私は33歳です。26歳って若いですね。冷やかしですか?(-_-)」

 

 

 

えっ((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

会話開始1分ですよ?

年齢を言っただけですよ?

 

 

 

何ですかその蔑むような目は

本当に→(-_-)こんな顔で見られました。

 

街コン難しすぎる。

 

 

続く

 

街コン①〜大きな便りが訪れて〜

 

 

将来の奥さんに出会うために、ジロウ(私)は毎日マッチングアプリに勤しんでいた。

ていうか、マッチングアプリまじでマッチしね~~~~(*´Д`)

 

 

そんなある日のこと

友達から一通のお便り(LINE)がありました。

 

 

 

友「街コン行かね?」

 

 

 

友よ。あなたは神ですか?( ´ ▽ ` )

 

 

 

私も26歳

いつまでも独身を謳歌している場合じゃありません。

将来の奥様をこちらから探し出さねばばりません。

 

ということで、

有難い便りのおかげで、婚活パーティーに行ってきました。

結婚式場で男女合計100名の大規模?なパーティーでした。

 

 

マッチングアプリなんてね、気軽すぎるんですよ!(*´з`)

女性は無料で多くのイケメンとやり取りしている訳ですよ!(*´з`)

マッチングアプリにブスの相手してくれる女性なんて存在しないんですよ!(*´з`)

 

時代は街コン。

 

真摯に結婚とは何か考えて、真剣な出会いを探している素敵な女性の溜まり場なんですよ!

 

街コン神〜(*´艸`*)

 

 

 

今回の街コンは

男共が5分ごとに卓を回っていくシステム。

 

12卓あったので、それだけで1時間。

その後、30分フリータイム。

最後にカップル発表。

 

という流れ。

 

女性陣は30代前半がメイン層

男性陣は20代がメイン層という印象

 

 

絶対彼女見つけるぞー( ´ ▽ ` )

って気合いモリモリで挑みました!!

 

 

 

 

………

 

 

 

ふ※※う「やぁ…」

 

 

ジロウ「……ん?

         誰か声かけた…??」

 

 

 

 

 

腹痛「やあ(^^)」

 

f:id:yametaiii:20191122221747p:plain

イメージはもっとにこやか

 

ジロウ「……え!?( ゚д゚)」

 

 

大きな方の便意が急に襲ってきたのです。(大事な日あるあるですよねw)

 

 

続く   

自分用婚活ブログ始めます

 

ふと思い立って、

日々の戦いを日記に残していきたいと。

体験経験体感など、

おじいちゃんになって、こんなことしてたんだ思ってたんだと振り返られたらと思っています。

 

私が考えている婚活ですが

「いますぐ結婚したい」「いますぐ彼女が作る」ということではなく、

「この人と結婚したいと思える人と出会えるまで、戦い続けたい」

という意味で、書いていこうと思います。

 

 

始めた日 令和元年11月18日

26歳

仕事は事務員(辞めたい)

 

レッツスタート!!